ロゴ:住宅情報館の注文住宅

エネルギー収支ゼロの家ZEH

「断熱」「省エネ」「創エネ」でエネルギー収支ゼロにする住まいです。

ZEHとは

ZEHとはNet Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略です。建物の外壁や窓の断熱性能と設備機器の省エネ性能の向上を図り、太陽光発電でエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅のことです。 

※一次エネルギーとは、自然界にある石油・石炭・天然ガス・発電用の水力・太陽光などのことで、対して、電気・ガソリン・都市ガスなど、加工精製したものを二次エネルギーと呼びます。

ZEHの政府目標

政府は、「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、高い断熱性能と高効率設備による可能な限りの省エネルギー化と再生可能エネルギーを導入した、年間での一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロまたは概ねゼロとなるZEHを2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で実現することを目指しています。

国の定めた性能を満たすZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)建設に対し補助金公募の結果、採択された場合

ZEHの住まいには補助金が交付されます。

※補助金交付については一定の要件があります。ZEHの建設により必ず補助金が交付されるものではありません。 

エネルギーゼロ、光熱費ゼロも実現

年間光熱費の比較

太陽光発電システム
オール電化システム
HEMSシステム
省エネエアコン
樹脂サッシLow-E複層ガラスアルゴンガス入
断熱玄関ドア
高性能断熱材