ロゴ:住宅情報館の注文住宅

Service アフターサービス基準書

無償補修規定
  1. 1.住宅情報館株式会社は、正常にご使用いただいているにも関わらず、お客様にお引渡しした物件(以下「本物件」とします)に性能基準違反、不具合事象(不陸、倒れ、ひび割れ、破損等を言い、本書において以下同様とします)が生じた場合、該当箇所について、本書の定めに従い無償にて補修を行うことを保証いたします。なお、性能基準違反、不具合事象発生部分により、下記に記載する通り、保証期間を定めております。
  2. 2. 本規定に定める保証期間は、お客様に本物件をお引渡しした日から起算して、部位・事象ごとに本規定において定める期間を経過する日までとなります。
  3. 3. 性能基準違反または不具合事象に該当するか否かの判断および具体的な補修方法につきましては、住宅情報館株式会社が行う現地調査(目視を基本とする比較的簡易な調査)により得られた結果に基づき、住宅情報館株式会社が有する技術、知識、および、経験に基づき総合的に判断いたします。なお、機能上、構造上、または安全上支障がない場合には、交換による対応ではなく、部分補修による補修とさせていただきます。
  4. 4. 不具合事象に関し、部品、設備等のモデルチェンジ、技術改良その他の理由により、補修工事を行ったとしても不具合事象発生前の状態に回復できない場合、同等の部品或いは技術による交換または部分補修を行う場合があります。
  5. 5. 保証期間内に本書に定める無償補修の対象となる事象が生じた場合は、速やかに住宅情報館株式会社の本物件お引渡し時の担当店舗にご一報くださいますようお願い申し上げます。なお、本書に基づく保証をお受けいただく場合、保証書および本書をご提示くださいますようお願いいたします。
  6. 6. 共通免責事項(下記に記載)に一つでも該当する場合、原則として、本書に基づく保証の対象から除外させていただきます。また、性能基準違反や不具合事象に該当しない事象や、家具家電または調度品等の不具合に起因する二次被害については保証の対象にはなりません。
  7. 7. 工事の内容によっては、補修工事の全部または一部について有償となる場合がありますので、予めご了承くださいますようお願い申し上げます。
  8. 8. 作動不良および取り付け不調については、構造上、機能上、または安全上及ぼす支障の程度により補修工事の内容を判断させていただきます。
  9. 9. 本書で定める事項は、「住宅の品質確保の促進等に関する法律」その他関連法令に基づきお客様が有する権利に影響を及ぼすものではありません。
  10. 10.本物件を(個人)譲渡する場合の保証請求権は、住宅情報館株式会社による本建物の無償点検を受け、住宅情報館株式会社が承認した場合に限り保証請求権を認めます。住宅情報館株式会社は、保証請求権を認めた譲受人(個人)に対し、従前建物保証書発行日より保証残存期間に限り本書に基づき保証いたします。譲渡人が法人の場合、保証請求権の継承は出来ないものとします。
長期保証
  1. 1.本物件の構造耐力上主要な部分および雨水の侵入を防止する部分については、「住宅の品質確保の促進等に関する法律」、「住宅瑕疵担保履行法」等の関連法令に基づき、長期保証の対象とさせていただきます。
  2. 2.本物件について、住宅瑕疵担保履行法第三条および同第十一条に基づき保証金の供託を行うか、或いは、同法第三条第二項、同第十一条第二項および、同第十七条に基づき住宅瑕疵担保責任保険を付保するかのいずれかにより、瑕疵担保責任履行のための資力を確保しております。
  3. 3.保証期間は最大10年間となります。
  4. 4.対象部位ごとの詳細については下記をご参照ください。
短期保証
  1. 1.構造耐力上主要な部分および雨水の侵入を防止する部分以外の部分については、短期保証の対象とさせていただきます。
  2. 2.保証期間は部位により1年または2年とさせていただきます。
  3. 3.対象部分および部位の詳細は下記をご参照ください。
無償定期点検・保証延長
  1. 1.住宅情報館株式会社は、以下の通り無償の定期点検(*1)を行うものとします。
    1. お引渡し後6ヶ月目
    2. お引渡し後2年目
    3. お引渡し後5年目
    4. お引渡し後10年目
    5. 1無償の定期点検とは、住宅情報館株式会社または住宅情報館株式会社が指定する者が行う、本建物の無償点検のことです。点検項目および方法等については別途定めます。なお、上記各種定期点検は下記第2項が示す耐久性維持点検と趣旨が異なる点検であり、同定期点検は建物全般に於ける不具合の有無を確認することを主とした目的としております。
  2. 2.お客様は、保証書に記載されている保証期間の満了日以降においても、次の各種耐久性維持点検を受ける ことで、次の項目については保証を延長することができます。
    1. 防蟻点検については、お引渡し後5年目以降、5年ごとの無償耐久性維持点検。ただし、無償耐久性維持点検は最大で11回まで、お引渡し後最長60年を保証の限度とします。
    2. 住宅の品質確保の促進等に関する法律」に定める構造体、防水については、お引渡し後10年目の無償耐久性維持点検、20年目以降は10年ごとの無償耐久性維持点検。ただし、耐久性維持点検は最大で5回まで、お引渡し後最長60年を保証の限度とします。
    3. 地盤の沈下、地耐力不足により、本建物に生じた瑕疵については、お引渡し後最長20年を保証の限度とします。
  3. 3.住宅情報館株式会社は、以下の通り無償の定期点検(*1)を行うものとします。
    1. 前条に定める耐久性維持点検を欠かすことなく受けていること。
    2. 防蟻については、お引渡し後5年目以降、5年ごとの住宅情報館株式会社または住宅情報館株式会社が指定する者が行う無償耐久性 維持点検を受け、かつ、有償の防蟻処理を再施工していること。
    3. 構造体及び防水については、お引渡し後10年目の無償耐久性維持点検並びに20年目以降、10年ごとの住宅情報館株式会社の無償耐久性維持点検を受け、かつ、その点検の結果、メンテナンスが必要と判断されたときは、その部分の耐久性維持のための有償耐久性維持工事(*2)を施工していること。
    4. 2有償耐久性維持工事とは、住宅情報館株式会社または住宅情報館株式会社が指定する者が施工 する、本建物の有償工事のことです。
      点検項目および方法、費用等については別途定めます。
  4. 4.第1項に基づき延長される保証期間は、保証期間の満了すべき日の翌日を初日として起算し、それぞれ構 造体10年間、防水10年間、防蟻5年間とします。
  5. 5.前項により保証期間が延長された場合、住宅情報館株式会社は延長された保証期間を記載した保証書を発行します。
長期保証
保証対象部分 基本的性能 期間 性能基準・不具合事象 免責事項
基礎 基礎・基礎杭
(アプローチ・ポーチ・玄関土間・犬走り・テラス等は含まない)
上部構造の水平支持 10 年

1. 構造耐力上支障のある亀裂。

2. 建物の対角線上で傾斜の程度が6/1000 を超える不等沈下。

1. コンクリート材の材質的な収縮に起因する構造上、特に支障のない亀裂。

2. 基礎補強・地盤改良等、住宅情報館株式会社が施工の検討及び施工を行わなかった場合の基礎に掛かる保証。

柱・はり等
(土台・柱・はり・桁・筋か い・耐力壁・小屋等)
荷重の支持 10 年

1. 構造耐力上支障のある亀裂・ 腐朽。

2. 柱・はりのねじれ・傾斜による壁の盛り上がり等。(離れた2 点の距離が柱2m 梁3m 以上で6/1000 を超える 傾斜)

3. 仕上げ材から下地又は構造材 にまたがったひび割れ。

1. 構造上特に支障のない亀裂・すき間・木やせ。

2. ヒラタキクイムシ・白蟻等による食害。

3. 床下換気口・屋根裏換気口がふさがれていた場合。


(表面仕上げ部分・排水等の 目的で勾配を設けられたも のを除く)
水平支持 10 年

1. 構造耐力上支障のある亀裂。

2. 通常平らな場所に置いた場合に転がらないものが転がって 止まらない状態。(離れた2 点の距離が3m 以上で6/1000 を超える傾斜)

1. 構造上特に支障のない亀裂・ すき間・木やせ。

2. ヒラタキクイムシ・白蟻等による食害。

3. 床下換気口・屋根裏換気口が ふさがれていた場合

壁(内壁)
(内装・開口部分・建具・外 装の仕上げ部分を除く)
荷重の支持 10 年

1. 構造耐力上支障のある亀裂・ 腐朽。

2. 柱・はりのねじれ・傾斜による壁の著しいたわみ・盛り上がり・表面仕上げ材の破損等。

1. 構造上特に支障のない亀裂・ すき間・木やせ。

2. ヒラタキクイムシ・白蟻等による食害。

3. 下地材料の収縮による内壁表装仕上げ材の軽微な亀裂又は、すき間。

壁(外壁)
屋根
ベランダ防水部分
ベランダドレン部分
防水 10 年

1. 室内への雨漏り。

2. 雨水の侵入による室内仕上げ材の汚損。

3. 雨水の侵入による構造躯体・ 部材の著しい損傷。

4. 仕上げ材及び下地材にまたがったひび割れ・欠損。

5. 複数の乾式仕上げ材にまたがったひび割れ・欠損。

6. 居室上部の防水上支障のある防水層の劣化・ひび割れ。

1. シーリング部分の止水性能の 劣化。

2. 台風・暴風雨等の一時的な漏水。

3. 枯葉等の異物の詰りに起因する場合。(特にベランダ)

4. 敷地内冠水による、基礎内への浸水。

5. 家具・調度品等の汚損。(二次被害)

※1白華現象とは・・・コンクリートやモルタルの表面部分に白い生成物が浮き上がる現象を白華現象といいます。

白華が生じたとしても、コンクリート構造物の強度には問題がなく、生成物も無害です。

短期保証部分・・・外部仕上げ 2(外壁・ベランダ)
保証対象部分 期間 性能基準・不具合事象 免責事項
ベランダ
2年

1. 雨水の侵入を伴わない上塗り ヒビ・剥がれ。

1. 摩耗や衝撃によるキズ・剥離。

2. 管理不足による排水不良。

アルミ手すり笠木 2年

1. 割れ・破損・取付不良。

 
サイディング本体 2年

1. 変色・割れ・破損の著しいもの。

1. 1 ミリ未満の軽微なひび割れ・亀 裂。

2. 強度上・機能上支障のない変 形・割れ。

3. 機能上支障のない亀裂・剥がれ。

目地シーリング 2年

1. 雨漏りを伴わないシーリング の劣化・亀裂。

1. 亀裂を伴わない軽微なキズ・めくれ。

短期保証部分・・・虫害
保証対象部分 期間 性能基準・不具合事象 免責事項
防虫処理工事 2年

1. ヒラタキクイムシ等の食害による損傷。

2. 白蟻(在来種に限る)食害による損傷。

1. 防蟻処理部分以外。(処理部分 は地面から1m までの柱・筋交・土台等の構造部分)

2. カンザイ(乾材)シロアリを含 む、外来種による食害。

軸組・壁等の防虫処理施工部分 5年
短期保証部分・・・設備1(電気・ガス・水道・換気)
保証対象部分 期間 性能基準・不具合事象 免責事項
電気設備
配管・配線・分電盤
2年

1. 作動不良・接続不良・支持不良。

2. 腐食・破損。

1. 蛍光灯・電球・電池等の消耗品。

2. 電力等供給会社の責任によるもの。

コンセント、スイッチ
火災報知器・センサー照明
2年

1. 作動不良・接続不良・支持不良。

2. 腐食・破損。

1. 電池等消耗品は除く。

2. 機器の作動不良はメーカーの保証期間による。

インターホン 2年

1. 作動不良・接続不良・支持不良。

2. 腐食・破損。

1. 電池等消耗品は除く。

2. 機器の作動不良はメーカーの保証期間による。

給排水設備
給水管・給湯管・蛇口・水栓
2年

1. 漏水・接続不良・固定不良。

1. パッキン等の消耗部材。

2. 不注意のため凍結による作動不良・漏水。

排水管・トラップ・排水枡 2年

1. 漏水・接続不良・固定不良。

1. パッキン等の消耗部材。

2. 異物の詰り・固形物の流入・油脂等に起因するもの。

ガス・給湯設備工事
給湯器・ガスリモコン・ガス配管・ガス栓・床暖房設備
2年

1. 取り付け不良・作動不良・接続不良・漏水。

1. パッキン等の消耗部材。

2. 不注意のため凍結による作動不良・漏水。

3. 機器の作動不良はメーカーの保証期間に よる。

4. 機器使用説明書による維持管理が不適切 である場合。

換気設備
24 時間換気システム
2年

1. 作動不良。

1. 機器使用説明書による維持管理が不適切 である場合。

小屋裏・軒裏・床下換気 2年

1. 脱落・詰り・著しい腐食・換気性能の低下。

 
短期保証部分・・・設備2(住宅機器)
保証対象部分 期間 性能基準・不具合事象 免責事項
システムキッチン
キッチン本体・ガスコンロ・電源・照明器 具・レンジフードファン 浄水器一体型混合水栓
2年

1. 取り付け不良・作動不良・接続不良。

2. 破損・水漏れ・排水不良。

1. パッキン等の消耗部材。

2. 機器の作動不良はメーカーの保証期間による。

3. 機器使用説明書による維持管理が不適切である場合。

ユニットバス
ユニットバス本体・電源部分・防水・サーモスタット式水栓
2年

1. 取り付け不良・作動不良・接続不良。

2. 破損・水漏れ・排水不良。

1. パッキン等の消耗部材。

2. 機器の作動不良はメーカーの保証期間による。

3. 機器使用説明書による維持管理が不適切である場合。

洗面台
洗面化粧台・混合水栓
2年

1. 取り付け不良・作動不良・接続不良。

2. 破損・水漏れ・排水不良。

1. パッキン等の消耗部材。

2. 機器の作動不良はメーカーの保証期間による。

3. 機器使用説明書による維持管理が不適切である場合。

トイレ
便座・タンク・洗浄暖房便座
2年

1. 取り付け不良・作動不良・接続不良。

2. 破損・水漏れ・排水不良。

1. パッキン等の消耗部材。

2. 機器の作動不良はメーカーの保証期間による。

3. 機器使用説明書による維持管理が不適切である場合。

合併浄化槽 2年

1. 取り付け不良・作動不良・接続不良。

2. 破損・水漏れ・排水不良。

1. パッキン等の消耗部材。

2. 機器の作動不良はメーカーの保証期間による。

3. 機器使用説明書による維持管理が不適切である場合。

ブロアー 2年

1. 取り付け不良・作動不良・接続不良。

1. 盗難によるもの。

“著しい”とは本来有すべき機能の不全または、修理を行わないと安全性が損なわれると思われる程度をいいます。

共通免責事項
  1. 1.保証書の提示がない場合や住宅情報館株式会社に無断で第三者に譲渡した場合、或いは、補修工事、打ち合わせ等にご協力いただけない場合。
    ただし、無償補修規程第 10 項の要件を満たす場合は例外とする。
  2. 2.以下に示す第三者の行為に起因する場合。
    1. Ⅰ.周辺の環境、周辺における土木工事・重量車両の通行等を原因とする場合、或いは、天災事変・地滑り・崖崩れ・振動・塩害・公害・粉塵等を原因とする場合。
    2. Ⅱ.弊社または弊社が指定した者以外の第三者による増改築、設備の変更や新規設備工事、地盤改良工事、又は、擁壁等の工事に起因して屋根、外壁、建物、内装、又は、敷地等に不具合が生じた場合。
    3. Ⅲ.第三者により、設備、機器、または、重量物等が設置されたことに起因して不具合が生じた場合。 <設置物の例> ベランダ、ソーラー機器、アンテナ、水槽、ピアノ、本棚等
    4. 1無償の定期点検とは、住宅情報館株式会社または住宅情報館株式会社が指定する者が行う、本建物の無償点検のことです。点検項目および方法等については別途定めます。なお、上記各種定期点検は下記第2項が示す耐久性維持点検と趣旨が異なる点検であり、同定期点検は建物全般に於ける不具合の有無を確認することを主とした目的としております。
  3. 3.以下に示す自然現象や想定外の事象に起因する場合。
    1. Ⅰ.アフターサービス基準書の適用事項に該当しない場合、又は、免責事項に該当する場合。
    2. Ⅱ.天変事変、火災、降雪、凍害、豪雨、ひょう、落雷又は、強風等による不可抗力の故障、変形、または損傷等が生じた場合。
    3. Ⅲ.結露、又は、経年変化に伴う、劣化、摩耗、カビ、サビ、白華現象、コケ、汚れ、又は変質等が生じた場合。
    4. Ⅳ.地域特性の影響による公害、塩害、煙害、粉塵、又は、有害ガス等に起因して何らかの不具合が生じた場合。
    5. Ⅴ.自然特性、又は経年変化による機能上支障のない現象(乾燥収縮はたは反り等)、又は、騒音又は振動等の感覚的な現象の場合。
    6. Ⅵ.契約時に実用化されていた技術では、予見、予想、又は予防することができない現象の場合。
  4. 4.以下に示す生物又は植物に起因する場合。
    1. Ⅰ.ペット含む犬、猫、虫、小動物、又は、鳥等に起因する損傷、機能不良、又は、不快感により生じた現象、或いは、植物の根の成長により生じた現象の場合。
    2. Ⅱ.本件引渡し日から 2 年間を経過した日以降に生じた、白蟻またはヒラタキクイムシ等による食害の場合。
  5. 5.以下に示す本物件使用上時の不注意又は不適切な使用に起因する場合。
    1. Ⅰ.仕上げのキズ又は汚れで本件引渡し日から 10 日以内(ただし、程度の大きなものは引渡し時)に申出がなかった場合。
    2. Ⅱ.故意、過失、又は、管理不行き届き(過度の暖房は過失に、長期間にわたる居住者の不在は管理不行き届きに該当)、或いは、重量物の不適切な設置、又は使用等に起因する変形、故障、又は、破損等の場合。
    3. Ⅲ.「住まいの管理手帳」、「メンテナンスのしおり」、又は、各メーカーが発行する「説明書類」に示された住まい方、扱い方、又は、お手入れ方法によらない、不適切な維持管理に起因する場合。
    4. Ⅳ.お客様から支給された資材、又は、お客さまからの指図による設備又は工事等に起因する場合。ただし、住宅情報館株式会社が不適当又は不適切である旨お客様に申し出なかった場合はこの限りではない。
  6. 6.その他以下に該当する場合。
    1. Ⅰ.心理的、感覚的な事象、又は、住宅情報館株式会社が採用した仕様と異なる仕様をお客様が要求し、当該仕様に起因して生じた場合のような、不具合事象には該当しない事象の場合。
    2. Ⅱ.住宅情報館株式会社に通知および承諾なく、お客様が直接、住宅情報館株式会社以外の第三者に修理を依頼した場合。
    3. Ⅲ.メーカー保証がある場合。この場合、保証内容及び保証期間はメーカー保証の定めによる。
    4. Ⅳ.電気、電話、上下水道、又は、ガス等の供給主体による定めがある場合。この場合、保証内容及び保証期間は、これら供給主体の定めによる。
    5. Ⅴ.敷地内に何らかの埋設物がある場合で、通常の生活を営む上で、当該埋設物による支障がないと判断される場合。
    6. Ⅵ.お客様による増築・改築等の工事又は引渡し後の設備・機器等の取り付けに起因するもの。
建物60年保証システム
アフター点検について 6ヶ月点検2年点検
内容 所要時間

【内部】作動確認(玄関ドア、室内ドア、クローゼット扉、サッシ、シャッター等) ※1、
クロス確認(内壁、天井)、電気設備確認(照明、換気扇、スイッチ)、住設機器確認(キッチン、浴室、洗面所)床下確認 ※2
【外部】外壁・基礎確認、コーキング確認(外壁の充填材)、量水器確認、排水管確認

90分程度
※1 作動確認では各お部屋へ入室し、扉・キッチンキャビネット等の開閉を行います。 ご都合が悪い場合には訪問させていただいたサービススタッフまでお申し付けください。 ※2 床下確認では1階床下収納庫(例:キッチン、洗面所)が主な点検口となっております。 収納庫内に保管されているお荷物等を予め移動していただきますようご協力をお願いいたします。
5年点検2年点検
内容 所要時間

チェックリストの項目に基づき目視、目測、お客様からの聞き取り等で点検させていただきます。
【内部】床下確認 ※1、その他気になる点のヒヤリング
【外部】チェックリストに基づく基礎、外壁、屋根、雨樋、バルコニー ※2

60分程度
※1 床下確認では1階床下収納庫(例:キッチン、洗面所)が主な点検口となっております。収納庫内に保管されているお荷物等を予め移動していただきますようご協力をお願いいたします。 ※2 バルコニーは、室内側からの確認となりますので、お部屋を通らせていただきます。
保証継承について

本物件を(個人)譲渡する場合の保証請求権は、住宅情報館株式会社による本建物の無償点検を受け、住宅情報館株式会社が承認した場合に限り保証請求権を認めます。住宅情報館株式会社は、保証請求権を認めた譲受人(個人)に対し、従前建物保証書発行日より保証残存期間に限り本書に基づき保証いたします。譲渡人が法人の場合、保証請求権の継承は出来ないものとします。

<カスタマーセンター>のご案内

住宅情報館では、お引き渡し後も安心で快適な暮らしをご提供するために<カスタマーセンター>を設けております。建物の不具合やご意見・お問合せ等がございましたら、お気軽にご相談ください。

フリーダイヤル 0120-189-145

電話受付時間:午前9時30分から午後6時30分とさせて頂いております。