トップ制震パネルJETS

繰り返しやってくる地震から住まいを守る制震パネル JETS

特許取得\開閉式第5235530号

東日本大震災以降、大地震に十分耐える強度を有するだけではなく、
その後繰り返し起こる余震にも耐えていく住宅でなければならないと 住宅情報館は考えています。

実大耐震実験による性能の証明

住宅情報館は、2006年・2007年・2008年と3年連続で 実大振動実験を実施し、住宅の耐震について研究してきました。

1回目
  • 兵庫県南部地震
  • 震度6強マグニチュード7.3
2回目
3回目
  • 想定東海地震
  • 震度6強マグニチュード8.0
4回目
5回目
  • 兵庫県南部地震
  • 震度6強マグニチュード7.3

つくば市独立行政法人土木研究所にて実施
監修:京都大学教授生存圈研究所 五十田 博(実験当時:信州大学淮教授) 財団法人 建材試験センター

2007年耐震構造の住宅では、横揺れを低減する効果は少ない為建物が地震を受ける度に揺れが大きくなっていることがわかります。それに対し、制震パネルJETSを設置した2008年では、建物に損傷を与える大きな地震力に対して柔軟に力を制し最大43%横揺れを低減させ、建物の耐震性の強度を長持ちさせる効果を実証することができました。

強固に設計された耐震構造の住宅も度重なる地震を経験すると、
高い耐震性が疲労し揺れが大きくなってしまうことがわかりました。
住宅情報館は、「命を守る器としての住宅」の安全性を高めるため、高い耐震性に加え、
その耐震性の強度を長持ちさせる為の制震装置が必要と考えました。

JETSの特性

繰り返しの地震に対応

さらに3つの特性

  • 大地震に強い
  • 変形を抑える
  • メンテナンスフリー