トップ商品ラインナップ檜物語

檜物語:総檜柱の家

←

→

日本古来より建築材料として使われてきた国産檜を、厳重な品質管理のもと独自の技術で丈夫な住まいを実現する注文住宅へと昇華させた、高耐久・高耐震木造住宅「檜物語」。世代を超えて受け継がれる総檜柱の木造住宅は、贅沢で本物の住み心地を感じさせます。

コンセプト

フラッグシップモデルとしての原点回帰

自由設計の注文住宅として、当社が提供する住まいのフラッグシップ「檜物語」。美しい水平ラインを基調とする、確かな存在感を主張する外観が、日本古来の町屋の風情を漂わせます。堅固な構造を兼ね備え、全てにおいて最も上質な住まいであること。それが「檜物語」の使命です。

日本古来の住まいが持つ伝統への回帰

日本古来の伝統技法を受け継いだ木造建築ならではの美しさは、世界の中でも見直されつつあります。木の温かみを存分に活かした、美しさと風情が共存する佇まいは、日本独特の文化を生み出してきた四季や陰陽との調和により、シンプルでありながらも無駄の無い美しさを醸成しています。

和魂洋才の発想が生み出す回帰から進化への世界

日本の風土に培われた伝統建築の美点をそのままに、高い機能性と住まい心地の良さを備え持つ次世代の住まいへ。和の魂と洋の才能との融合を形にする、新しい工夫をふんだんに採り入れた自由な発想による住まいづくり。回帰から次世代の新しい住まいへ。「檜物語」の更なる進化がここにあります。

静寂な空気に育まれた檜が、日本の文化を宿す住みかを生み出す。
研ぎ澄まされた時間のなか、光と影の世界でゆっくりと育まれる檜。
その香りは、人々を癒しの空間へと誘います。

古来より神社など神々を祀るための建造物に用いられてきた檜。
その神秘的な魅力は、わたくしたちの暮らしのなかに日本の文化をそっと宿してくれる、そんな不思議なちからを持ち合わせています。

外観

伸びやかに。そして凛として。風格と存在感に満ちたジャパンモダニズム。

街の風景に溶けこみながらも、その凛とした表情と美しさで、ゆく人の目を惹きつける佇まい。
木造建築として、悠然と構えるその立ち姿には、落ち着きのあるジャパンモダニズムの趣きが醸し出されています。

趣きのある表情を魅せるしつらえの数々が、住まう人の上質な暮らしを映し出します。
邸宅としての趣きと表情を添える、軒の出の深さ、重厚感のある瓦屋根や外壁、そして木調スクリーンパネルの数々。
これらのしつらえが、快適な生活への追求から生まれる機能美の中に彩りを添え、落ち着きのある外観を醸成します。

内観

上質なくつろぎのひと時を演出する内観美。洗練された空間にクオリティの極みが息づいている。

開放的な住まいを印象づけるエントランス。光と風が満ちあふれるリビング。
そして、趣き深い時を心ゆくまで楽しむ居室。
そのいずれもが、世界で一つだけのご家族の居場所。
流れる時間の質にまでこだわる住宅情報館の思想が、家のすみずみに息づいています。

趣き深い時と生活空間が、住まう人の気持ちを豊かにしてくれます。
生活空間をやさしく仕切るスリット格子や居室に広がりをもたらす勾配天井。吹抜けのある住空間を実現するシースルー階段。
そしてジャパンモダニズムを象徴する間接照明をしつらえたモダン和室。そのひとつひとつが、居心地の良い暮らしを追求したデザイン思想の結実です。

設備

新生活を自分らしく創造する。
新生活に彩りを添える住宅設備は、高機能なものから質感やデザインに重視したインテリア性の高いもの、地球環境への配慮されたもの等さまざまです。
当社は、その中から「使いやすさ」に重点を置き、長年使い続けられるように「耐久性」を考慮し、厳選いたしました。
また、毎日の生活が快適で心地よく過ごせるように、当社ならではのオリジナル仕様へと改良を加え、こだわりの充実した住宅設備を実現しました。
この上品で高級感溢れる進化した、住宅設備の中からじっくりとお選びください。

構造

無垢の4.5寸檜柱

無背割れ材檜4.5寸の高強度・高耐久柱を実現しました。
「檜物語」は、家の主要な柱である通し柱と1階出隅柱に、従来よりも太い頑丈な無垢の檜4.5寸(13.5cm)柱を使用しています。
独自の開発によって材料の割れ防止である背割れをなくし、高強度・高耐久の美しい柱を実現しました。
無背割れ4.5寸檜柱の強度・耐久性を実証
家に加わる地震や台風といったさまざまな外力に耐えるため、バランスのよい強度と耐久性を持つ木材は最適な素材です。中でも、伐採後、徐々に強度を増す特長をもつ檜の引っ張り強度は、鉄の約2.5~3.2倍※1、圧縮強度ではコンクリートの約11.7倍※2です。無垢の木材は、圧縮・引っ張りや曲げといったすべての力にバランスよく抵抗します。家にさまざまな力が加わることを考えれば、まさに最適な素材といえます。
※1 同重量の引っ張り強度比較による
※2 同重量の圧縮強度比較による
無背割れ材が可能にした、美しい柱面と高い施工精度
集成材を使わず、無垢の芯もち材を柱に使用する場合、時が経つと乾燥によって割れが生じてしまいます。これを防ぐために行われるのが背割れで、あらかじめ柱に割れを入れることにより、全体への割れを防ぐ効果を発揮します。しかし、この処理によって柱としての強度の低下や、膨張・収縮することにより内外装の仕上げに影響が出ることもありました。
住宅情報館では、特殊な人工乾燥によって木材の含水率を抑え、背割れのない柱、無背割れ材をつくることに成功。割れのない美しい柱面を実現しています。さらに、無背割れ材の柱は構造金物との相性もよく、高い施工性を発揮します。

国産総檜柱仕様

選び抜かれた国産檜材で建てられた住居へのこだわり
日本の国土に建てる家は、国産の檜を使うことによって環境にも人にもやさしい理想的な住まいとなります。強靭で柔軟な性質を持つ国産檜の木材を使用し建てられた「住宅情報館の家」。その性能の高さは、さまざまな実験により立証されています。
  • 土台

    土台

    土台は基礎の上にあり、柱から伝えられる荷重を受ける役割を果たす横架材です。建物の荷重を支える部分なので、耐久性に優れた檜を用いることで長期に渡り安定した土台となります。

  • 通し柱

    通し柱

    通し柱とは、1階の土台から2階の桁まで通した1本の柱のことで木造軸組み中でも重要な部分です。地震や台風等の力から家をしっかり守るために、他の柱に比べひとまわり太い4.5寸としています。

  • 管柱

    管柱

    管柱は各階にあって、外壁や間仕切り壁を形成する部材です。1階の柱は床梁や胴差しにかかる荷重を受ける役割、2階の柱は小屋梁や桁にかかる屋根の荷重を受けて下に伝える役割を果たします。

  • 筋かい

    筋かい

    筋かいとは、柱と柱の間に斜めに入れる木材のことで、横からの力に対し突っ張ることで抵抗する、耐震・耐風圧の補強材です。大地震などの大きな衝撃に耐えられるよう檜の筋かいをバランスよく配置しています。

※構造・工法の都合により、一部の通し柱は4寸(12cm)角の檜柱を使用する場合があります。
※乾燥により柱寸法に若干の誤差が生じる場合があります。
※間柱、小屋束は除きます。

国産材使用率74%

国産材を多く使うことで地球温暖化防止に貢献
住宅情報館「檜物語」の国産材使用率は約74%。これは他の住宅メーカーと比べてもトップクラスです。国産材を使うことは森林を活性化させ、地球温暖化防止にも貢献することになります。例えば、90平米タイプの住宅に使用される木材が、育成中に吸収する二酸化炭素は約14トン。これは乗用車1台が1年間に排出する二酸化炭素排出量に換算すると約9台分、2ヘクタールの森林(樹齢40年の檜)が1年間に吸収する二酸化炭素量に相当します。木はある程度成長すると二酸化炭素の吸収能力が低下しますが、大きく育った木を伐採し、また新しい木を育てることで、成長段階の木が二酸化炭素を多く吸収。この循環が地球の温暖化を防止します。
少しでも日本の森林を元気にしたい、日本の家に国産の木を使いたい。そんな思いが「国産材使用率」には込められています。
  • 90平米タイプの住宅に使用される木材が育成中に吸収する二酸化炭素約14トン
  • 乗用車9台が1年間に排出する二酸化炭素排出量
  • 2haの森林が1年間に吸収する二酸化炭素量

カタログ請求

商品ラインナップ

  • QUAD
  • 檜物語
  • Chelino
  • QUAD ROOF
  • HIRA-IE
  • MARIEDA
  • ECO CERA
  • SMART J